音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。

 音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。 WEB MAGAZINE

2017年3月にオープンした東日本橋にある7階建てのホステル「CITAN(シタン)」に行ってきました。こちらのホステルは台東区のゲストハウス「toco.」蔵前の「Nui.」京都の「Len」を経営するバックパッカーズジャパンが手がける4店舗目のホステルです。1階は町に開いたコーヒー店『BERTH(バース)』と、旅行者を迎え見送るレセプション。地下は世界のお酒、ご飯、音楽、人が集まるバー&ダイニングになっています。

今回は実際に宿泊をしてきましたので、その様子をお届けします!お家づくりの参考になりそうなアイディアもたくさんありましたよ。そちらもチェックしながらご紹介していきます。

町に、人に、繋がってゆく場所

CITANを手がけるバックパッカーズジャパンでは“あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を”を共通のコンセプトに掲げています。そのコンセプト通り、ビジネスマンや観光客など幅広い人が連日ここに訪れます。

名前の由来は日本語の『始端』に由来。ひと続きのものの最初の地点を表すこの言葉は、五街道(※江戸時代の主要陸上交通路)の起点である、日本橋という土地にちなんでいます。また、旅をする人にとっては幸先の良い旅を予感するような場所として。暮らす人にとっては、今まで知らなかった景色に出会うような場所に。スタッフとっては「未来を描く為の新たな点となるような場所にしたい」という思いが込められています。

ここからは家づくりの参考になりそうなポイントと、施設の様子を交えながらご紹介していきます。

気持ちよく出迎えてくれるレセプション

木組が印象的なレセプションカウンター。

エントランスを入ると開放感のあるレセプションが出迎えてくれます。スタッフの方もとても親切に施設内の説明をしてくださいました。レセプションの前にはバーカウンターもあるので、横のコーヒーショップで注文したものをいただけます。

宿泊者専用のキッチン&ライブラリー

レセプションの奥には宿泊者が利用できるキッチン&ライブラリーがあります。

コンセントが多くPC利用に便利なライブラリースペース。レセプションでPCレンタルも可能です。ここでは食事や歓談を楽しんだり、ゆったり読書を楽しんだり、宿泊者が思い思いの時間を過ごすことができます。

照明はよく見ると水風船をモチーフにしたようなデザインに。モダンな中にも日本の情緒を感じる遊び心が演出されています。和室にこのような照明を取り入れてみても素敵なのではないでしょうか。

さりげなく施されたステンドグラスもとても素敵です。

キッチン&ライブラリーの隣にある、キッチンスペースも宿泊者が自由に使うことができます。紅茶・緑茶・インスタントコーヒーなどは無料。調味料がそろっていてるので自炊がしやすいキッチンです。

キッチンの一部に施されたタイルが、空間のアクセントになっています。ご自宅のキッチンもこのようにマルチカラーのタイルを貼ってもかわいいですよね。色どり豊かなタイルを使用していても、トーンを少し落とすだけでまとまりが生まれます。

真似したくなるサインたち

ホステル内のいたる所にあるサインも洗練されており、とてもかっこいいんです。

共有スペースのトイレやシャワールームのサイン、客室の部屋番号など細部にまで抜かりなく、センスの良さを感じます。ご自宅の表札をこんな感じにしてもかっこいいですよね!思わず真似したくなりました。

 

文字や記号が残されたむき出しのコンクリート壁面

もともとはシャツメーカーの本社だった建物をリノベーションしているそう。

ホステル内にはあえてむき出しのコンクリート壁面や、施工時に書かれた記号が多く残されています。こうしたものをあえて残すことで、デザイン要素の一つとしています。新旧が上手に融合している東日本橋の魅力を表しているかのようです。

気持ちよく過ごせる客室

ツインルーム/8,400円〜(一人4200円〜)※取材当時の価格です。

今回私たちが宿泊した部屋は、7階のツインルーム。ツインルームは1部屋に2段ベッドが1台設置されているタイプになっています。CITANは2階から上はすべて宿泊施設。2〜5階がドミトリーと個室があるフロア、6〜7階が個室中心のフロア、建物全体で130人の宿泊が可能です。

二段ベッドはドミトリーで使われているものと同じ。

枕元にはそれぞれ読書灯とコンセントが設置されています。

パソコンや読書ができるサイズの机と洗面台も用意されています。
むき出しの配管設備はリノベーション物件ならではの魅力。個性ある空間に仕上げています。
お部屋のアクセントとしてデザイン性のあるタペストリーを飾るだけで、一気に華やかさが加わります。これならご自宅でも簡単に取り入れられそう。

良質な音楽が楽しめるダイニング&バー

午後6時になると地下のバー&ラウンジがオープンします。ここは宿泊者だけでなく誰でも利用することができます。バータイムの時間以外も1階にあるカフェ(8:00~19:00)のコーヒーや軽食をイートインすることができるので、朝からディナータイムまではカフェラウンジとして利用できます。私たちも、せっかくなので夕食をいただくことにしました。

 

広さは約200平米、席数は60席。

毎週木、金、土曜日にはDJを招きラウンジスタイルでの営業をしています。音響デザインにも力を入れており、メインスピーカー6本、無指向性スピーカー5本、サブウーファー5本で、フロアには計16本ものスピーカーを設置。おしゃれな空間で、上質な音を楽しみながらお酒をたしなむことができます。音楽ファンにはたまりません。

カウンターテーブルから大テーブル、ゆったり座れるソファ席と。それぞれが好きなスタイルで楽しめます。
インテリアも一つひとつ個性的。アンティークのものからオーダー家具までセンス良く配置されています。
一枚板を使用したハイテーブル兼DJスペース
バーカウンターの足元はモザイクタイルが貼られていてとてもかわいい。
ラウンジ内の随所にタイルが施されています。
バーカウンターにはさまざまば国のお酒が。

世界中から集まるワインや、肩肘張らないサワーやハイボール、ウイスキーやカクテルなど。生ビールはなんと1リットルのメガジョッキまであります。

フライドポテト 豆乳マヨネーズ/500円

料理はお酒との相性がバッチリなものばかり。「飲みながら楽しめる」「みんなでシェアできるもの」を中心に選んでいるそうです。価格もお手頃でとっても美味しかったですよ!

枝豆/500円
スパイシーチキン&ラムオーバーライス/850円
やげんなんこつ辛子まみれ/450円

CITANのラウンジは世界中の人、料理、音楽が集まる場所です。宿泊しているさまざまな国の人と語らったり、友達とふらっと音楽を楽しみにきたり、のんびりお酒をたしなんだり。誰もが楽しむことができる空間です。

【BAR TIME】
18:00-1:00(24:30 last order)

朝食は併設のカフェBERTH COFFEEへ

BERTHでは厳選された生豆に、こだわりのロースターで焙煎されたコーヒーを提供しています。オーダーをするとその場で一杯ずつハンドドリップで淹れてくれます。

カフェメニューはハンドドリップ系とエスプレッソ系。ハンドドリップの定番メニューは、中目黒や奥沢などに店舗を構える「ONIBUS」の豆をメインに5種類から選べます。

エスプレッソ系は定番のカフェラテや蔵前にある「ダンデライオン」のチョコレートを使用したカフェモカなどが楽しめます。

あたたかい日は外のテラス席で。
(モーニングセット 900円)

BERTHで特に人気なのがこちらのモーニングセット。クロワッサン、目玉焼きとソーセージ、じゃがいものスキレット、グリーンサラダ、オレンジ&本日のコーヒーがついています。サクサクのクロワッサンを堪能しながら、美味しいコーヒーをいただく。贅沢な1日のはじまりです。

【BERTH COFFEE】
営業時間:8:00 〜 19:00

CITANは旅の宿としてはもちろん。食事やカフェの利用だけでも楽しめる、とても居心地のいい場所です。東京駅から5分の「馬喰町駅」・「東日本橋駅」などから徒歩で数分と、アクセスも抜群ですので、出張や旅行の際に利用してもいいですよね。また、センス溢れるデザインは見ているだけでも楽しく、お家に取り入れやすいヒントも満載です。ただ利用するだけでなく、センスを盗むつもりで行っても楽しいはずです。東京に行かれる際はぜひ行ってみてくださいね。

【CITAN(シタン)】
住所:〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-2
TEL: 03-6661-7559
URL:https://backpackersjapan.co.jp/citan/