本の世界に没頭できるホテル&24Hブックカフェ「ランプライトブックスホテル名古屋」

 本の世界に没頭できるホテル&24Hブックカフェ「ランプライトブックスホテル名古屋」 WEB MAGAZINE

「本の世界を旅するホテル」というユニークなコンセプトのもと、名古屋・伏見に2018年2月20日にオープンした『LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya(ランプライトブックスホテル名古屋)』。24時間営業のブックカフェを併設した、本の世界に没頭できるホテル&カフェです。今回はHouse Designsスタッフが実際に宿泊体験をしてきました。そちらの様子とともに、「ランプライトブックスホテル名古屋」の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

「ランプライトブックスホテル名古屋」とは

看板も本をモチーフにしています。エントランスの天井は板張りになっていて、温かみのあるデザイン。

「ランプライトブックスホテル名古屋」は、全国で宿泊施設を展開する「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」が運営する「本の世界を旅するホテル」をテーマにした、コンセプトホテルです。本を読むための快適さにこだわった客室、約3,000冊の本を24時間楽しめるブックカフェ、本を読みながら楽しめるドリンク&フードなど、まさに本の世界を旅するための施設。宿泊の方以外でも、ホット息をつける憩いの場所として、本とともに心地よい時間を過ごせます。

ホテルレセプション。スタッフさんの制服は本屋さんをイメージ。全スタッフさんが、ホテル×本屋×カフェを兼任しています。
レセプションのカウンターは、本をイメージ。細かなところまで、コンセプトがしっかりと反映されています。本のモチーフを探してみるのも楽しみ方の一つ。
お部屋の鍵はこちらの黒いカード。エレベーターのセキュリカードも兼ねています。カードケースはロゴ部分を切り取れば、しおりとして持ち帰れます。

それでは、まずは約3,000冊の本が楽しめるブックカフェからご紹介していきます。

約3,000冊の本を24時間楽しめる『LAMP LIGHT BOOKS CAFE』

ホテル一階は、24時間オープンしているブックカフェ『LAMP LIGHT BOOKS CAFE』です。「旅」と「ミステリー」のジャンルを中心に、約3,000冊がセレクトされています。もちろん24時間購入も可能。「旅」と「ミステリー」というジャンルには、旅のように非日常なワクワクとした気分を楽しんで欲しいという想いが込められています。自分だけのお気に入りの一冊を探してみてくださいね。

エントランスでひときわ目を引く大きな本。こちらは、ブラジルの有名な写真家であるセバスチャン・サルガドによる作品集。2,500部限定の貴重な本です。※非売品
カフェの椅子は、背もたれがV字のなっていて、背中に馴染みすっと背筋が伸びるデザイン。とても本が読みやすかったですよ。席数は32席。
全ての席にコンセントがあり、Wi-Fiも完備。朝や仕事後のちょっとしたデスクワークでも利用出来そうです。ビジネスパーソンにはうれしいですよね。
「ランプライト」という名前には、24時間灯りが消えないという意味が込められています。店内には、名前にちなんだランプがたくさん。
「旅」に関する雑貨もセレクトされていました。

どんな本が置いてあるのか、ラインナップも気になりますよね。続いて、「ランプライトブックス」おすすめの本を数冊ご紹介します。

「ランプライトブックス」のおすすめ本

本のセレクトは、東京・丸の内で書籍の販売やブックカフェ運営コンサルティングを行う「リーディングスタイル」が手がけています。今回は店頭に置かれていた「ブックガイド」の中から、おすすめの数冊をご紹介します。

『江川蘭子』 春陽堂書店 ¥1,300

「ランプライトブックスホテル」の開店記念として、絶版なっている本を独自復刊するという試みが行われました。江戸川乱歩の発案により、横溝正史、甲賀三郎、大下宇蛇児、夢野久作、森下雨村という推理小説の歴史の中で、とても貴重な6名の作家がリレー形式で一つの物語を書いた一冊です。

『質問』田中未知著 文藝春秋 ¥2,300

「一番好きな悩みは何ですか」「心も年をとるのでしょうか」など356問の質問が書いてある本。劇団天井桟敷初期メンバーにして寺山修司の秘書兼マネージャーを16年務めた田中未知さんによる一冊。改めて尋ねられなければ考えることもないような質問との出会い、自分という謎について考える時間、答えのない問いをめぐる旅が楽しめます。

『世界をまどわせた地図』エドワード・ブルック=ヒッチング著 日経ナショナルジオグラフィック社 ¥2,700

日経ナショナル ジオグラフィック社から発売されたこの書籍には、130点を超える美しい古地図や貴重な図版、写真の数々とともに、かつて実在すると思われていた国、島、都市、山脈、川、大陸、種族など、幻の世界が収められています。「大西洋には、7つの都市を持つ長方形の大きな島がある」「カリフォルニアは海に囲まれた島であり、女性ばかりの楽園だ」「南米のパタゴニアには、3メートル近い巨人が住んでいる」……などかつて実在すると思われていた国や島の古地図をまとめたワクワクする一冊です。

『アッシャー家の崩壊』エドガー・アランポー著 新潮社 ¥430

1839年に発表されたエドガー・アラン・ポーの短編小説。旧友アッシャーが妹と二人で住む屋敷に招かれた語り手が、そこに滞在するうちに体験する様々な怪奇な出来事を描く、ゴシック風の幻想小説です。

本を読みながら楽しめるオリジナルフード

『LAMP LIGHT BOOKS CAFE』では、コーヒーや紅茶などのドリンクのほか、本を片手に手軽に食べられるオープンサンドなどのオリジナルのフードも楽しめます。名古屋ご当地の八丁味噌を使ったユニークなメニューも。フードは7:00〜22:00、ドリンクは24時間営業。とてもオープンな雰囲気なので、宿泊でない方も気軽に立ち寄れるカフェになっています。※テイクアウトはドリンクのみ

日替わりオープンサンド ¥380〜¥450(写真は、スモークサーモン&クリームチーズ)スモークサーモンは、たっぷり70g使われていて食べ応え抜群!

カフェのいちおしは、日替わりで楽しめるオープンサンド。ハード系のパンの上にさまざまな食材をのせたボリューム満点の一品。本を読みながら片手でも食べる事ができます。スクエア型の小さなピザ「ピザクラック」もあります。

日替わりスイーツ ¥250〜¥380(写真は、グラタンベリー)

こちらは小さな食パンをくり抜いて、ミックスベリーとカスタード、生クリームを入れて焼いたスイーツ「グラタンベリー」。優しい甘さなので、ご飯としてもおやつとしても楽しめそうです。ベリーの酸味が爽やかで、ぺろっと完食してしまいました。

カフェのメニュー。ドリンクはテイクアウトも可能です。
ホテル宿泊者向けのモーニングセット ¥700 お好きなオープンサンド2種+ミニサラダ+ドリンクのセット。お部屋に持ち帰ってもOK!
伏見駅から徒歩3分。モーニングとしての利用もおすすめですよ。

【LAMP LIGHT BOOKS CAFE】
住所  :愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
アクセス:地下鉄東山線「伏見駅」下車10番出口より徒歩3分
営業時間:24時間(ドリンク:24時間、フード:7:00〜22:00、本は24時間購入が可能)
席数  :32席
https://www.lamplightbookshotel.com/nagoya/cafe/

本の世界に没頭できる客室

続いて、本が快適に読めることを第一に考えられたこだわりの客室をご紹介します。客室は、2階〜13階にかけて合計70室。どのお部屋もブラウンを基調に、黒をアクセントで加えたモダンな内装に仕上げられています。折り上げ天井になっており、窓も大きいので、とても開放感のある空間でした

お部屋の種類は5種類

シングル(13㎡、23部屋)
モデレートシングル(13㎡、12部屋)
ダブル(15㎡、11部屋)
モデレートダブル(16㎡、12部屋)
モデレートツイン(18㎡、12部屋)

お部屋の種類は、「シングル」「モデレートシングル」「ダブル」「モデレートダブル」「モデレートツイン」の5種類。モデレートタイプの部屋は、緑豊かな公園に面したバルコニー付きです。読書の合間に、ふらっとベランダで深呼吸をするのも気持ちが良いですよ。春には桜が楽しめるそうです。

本を快適に読むための工夫がいっぱい

そして「本の世界を旅するホテル」というテーマの通り、目に優しい照明、調光可能な間接照明とリーディングランプ、オットマンを備えた肘掛付きソファなど、本の世界に没頭できるための工夫がたくさんありました。

ベッドの横の壁には、おすすめの本が数冊飾られています。設置されている本はお部屋ごとに異なり、文字よりもイラストや写真が多いものがセレクトされています。
オットマンを備えた肘掛付きソファ。本を読むのにちょうど良い姿勢になります。足を伸ばせるので、よりリラックスして読書に没頭できます。
ソファ横と、ベッドサイドには、調光できるリーディングライト。角度が自由に変えられるので、手元を照らしやすかったです。
カフェのコーヒーや紅茶をテイクアウトして、ゆっくりお部屋で読書するのもオススメですよ。

実際に客室で読書をしてみましたが、オットマン付ソファがとても心地よく、快適に読書を楽しむことができました。「旅」「ミステリー」というジャンルも、気持ちがワクワクし非日常が楽しめてとても良いですね。

「本」を楽しむ贅沢な時間

「ランプライトブックスホテル名古屋」には、宿泊の方だけでなく、地域の人にも「本の楽しさを知ってほしい」という想いを感じました。お気に入りの一冊が見つかったら、慌ただしい日常を忘れて、おいしいいコーヒーを片手にゆっくりと本の世界に浸る。そんな時間もたまには、良いのではないでしょうか。県外からの宿泊だけでなく、本を堪能する贅沢な時間として、東海エリアの方にもぜひ訪れてみて欲しいホテルです。

【LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya】
住所:愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
https://www.lamplightbookshotel.com/nagoya/